夏の養生便り

1、真夏に気をつけたらいいこと

夏にちょっとした普段の生活で気をつけること

真夏は「夏バテ」と「冷房病」に要注意。

夏の連日連夜の猛暑日、熱帯夜で,汗のかきすぎや不眠が重なり、私たちの身体は確実に消耗しています。夏の暑さで食欲が落ちているところに、冷房の効いた部屋でビールやジュースやアイスなど冷たい飲食物ばかりとっていると、お腹が冷えて下痢や吐き気などの症状となり、夏カゼや夏バテの原因となります。これは夏の「暑邪(しょじゃ)」で体力を消耗した状態のところに、胃腸に「湿邪(しつじゃ)」と「寒邪(かんじゃ)」が入ったために起こる症状です。熱がこもった体を清熱しながら、水分代謝を促し、冷えた胃腸は温めることがポイントです。

また、オフィスや電車の冷房で体が冷えて、肩こり、頭痛、関節痛、寒気などの冷房病の症状がある人は、「寒邪」から体を守るため、体を温めることが必要となります。

夏バテ対策:

Ø 冷たい水分、冷たい物の取り過ぎが胃腸に負担をかけるので注意しましょう。また、適度な冷房を心掛け、寝るときは体に扇風機や冷房の風が直接当たらないようにし、寝冷えに注意しましょう。

Ø 猛暑の中、外で活動しなければならないときは、直射日光を避け、保冷剤や冷たいペットボトルなどを握って手の平を冷やすことで、体の熱感・ほてりが落ち着いて、止まらない汗を抑えることができます。

冷房病対策:

Ø 冷房から身を守るため、羽織るものやスカーフ、ひざ掛け、腹巻きなど衣服で体を保温するとともに、体を温める食材を取るようにしましょう。

2、夏にオススメの和漢食材 

和漢食材、効果効能とお茶にして飲むなどのアドバイス

体にこもった熱をとる食材を取り入れながら、冷たいものや水分の多飲に気を付け,むくみがあるようであれば水分代謝を活発にする食材を、胃腸が冷えるようであれば胃腸を温める食材を取り入れることがポイントとなります。また、冷房病の場合は、体を温める食材(胃腸を温める食材・発汗食材)を積極的にとりましょう。

体にこもった熱をとる:

トマト、セロリ、キュウリ、ゴーヤ、スイカ、枇杷の葉茶、柿の葉茶、ウーロン茶、緑茶

水分代謝を活発にする:

アズキ、黒豆,ハトムギ,トウモロコシの髭(南蛮毛),緑豆

胃腸を温める:

ショウガ、コショウ、丁子(クローブ)、ウイキョウ、ハッカク

発汗する:

ショウガ、ネギ、シソ,シナモン(桂皮)

6.500円(税込)以上で送料無料