秋の養生便り

1,秋に、ちょっとした普段の生活で気をつけること

秋は,「肌と肺の乾燥」に要注意。

高温多湿の夏が終わり,涼しく乾燥した秋風が吹くようになると,「燥邪(そうじゃ)」によって,お肌が乾燥して肌トラブルを起こしたり,「肺(鼻・のど・気管を含めた呼吸器系全体)」の粘膜が乾燥して過敏になり,鼻炎・のど痛・咳・喘息といった呼吸器系の症状がでやすい季節です。のどや気管,お肌の乾燥を防ぎ,肺を潤す食材を積極的にとりましょう。

〇乾燥対策

> マスクや加湿器で乾燥を防ぎましょう。

> スポーツの季節ですが,発汗し過ぎは乾燥を助長します。適度な発汗を心掛けましょう。

> お風呂上りのタオルドライ後は,急速に肌が乾燥しますので,まだ水滴が残っているうちに,椿オイルなどでお肌をコーティングすることが保湿のコツです。

〇朝晩の冷え対策

> 秋口からは,朝夕の冷え込みに要注意。日中との温度差がのど痛やカゼの原因になります。外出時にはバッグに1枚薄手のスカーフを,寝るときは首にタオルを巻きましょう。

2,秋にオススメの和漢食材

秋は、呼吸器系を潤し,肺を補い,美肌効果のある和漢食材がオススメです。

〇のどや気管の乾燥を潤す

大根おろし,梨,柿,キュウリ,金銀花
〇肺を補う白キクラゲ,黒キクラゲ,ユリ根,松の実,クコ,ヤマイモ,高麗人参,ハチミツ
〇咳を止める杏仁,銀杏,シソ,シソの実
〇美肌作用白キクラゲ,黒ゴマ,龍眼,山楂,アサリ,牡蠣肉,レンコン,高麗人参,キャロット(人参),紅花,当帰

6.500円(税込)以上で送料無料