自由が丘の和漢/薬膳専門の通信販売サイト~おうちで和漢~

 

おうちで薬膳レシピ

梅雨の薬膳③

梅雨の薬膳③
薬膳の考え方で見る梅雨の特徴は、
雨と湿気が多く、
私たちの身体にも余分な水分が溜まりやすい時期なんです。

そこで、体に溜まった水分を出してあげる食材を選びましょう。

はとむぎ、黒豆、小豆、空豆、冬瓜、金針菜(きんしんさい)、南蛮毛(トウモロコシのひげ)、はも、すずき


浮戻茶(二)

<南蛮毛(なんばんげ)>

水分を出してあげる食材を食べても、むくみがひどいという方は、
脾(ひ)消化器系が弱っている可能性があります。

その時は、高麗人参が入っている排出茶(高麗人参・陳皮・南蛮毛)の薬膳茶で脾(ひ)の機能をアップ!!!

<排出茶>







薬膳の知っトク情報や割引セール情報をいち早くお届け!
メールアドレス入力して
【登録】クリック

変更・解除・お知らせはこちら


薬膳料理教室

メディア掲載実績

交流会情報

和漢ライフの始め方

薬膳・和漢基本知識

和漢Q&A

春の養生便り

夏の養生便り

秋の養生便り

冬の養生便り

その他

ページトップへ