自由が丘の薬膳レストランZEN ROOMが運営する通販サイト

 

おうちで薬膳ブログ

おうちで薬膳レシピ

あつ~い日には、山椒をきかせて食欲増進。

簡単にできて、ごはんがススム一品です!


麻辣黒きくらげの四川風冷菜

<材料 2名分>

きくらげ(水に戻したもの) 60g

醤油(あれば中国醤油) 大さじ1

黒酢 小さじ2

砂糖 小さじ1

ごま油  小さじ2

ラー油  大さじ1

豆板醤  大さじ1

山椒  1g

五香粉(あれば)  1g

にんにく 1かけ

生姜 にんにくと同量

パクチー  適量

きゅうり  適量

松の実   5g

<作り方>

1、黒きくらげを沸騰したお湯でさっと茹で、

水で冷やし水気をよく切る。


2、にんにく、生姜、パクチーはお好きな量をみじん切りにし、

そこにすべての調味料を加え混ぜる。


3、2に黒きくらげを入れ混ぜる。


4、皿に千切りしたきゅうりを敷き、

盛りつけ松の実を散らし飾りのパクチーを乗せて完成

麻辣黒きくらげの四川風冷菜


五香粉とは~

中国の代表的な混合香辛料。

主に、桂皮(シナモン)、丁香(クローブ)、

花椒(カホクザンショウ)、小茴(フェンネル、ウイキョウ)、

大茴(八角、スターアニス)、陳皮(チンピ)など

の粉末をまぜて作られることが多いです。

メーカーによっても使うスパイスが違ったりしますので、

お好みの五香粉を見つけるのもいいですね。


カレー・麻婆豆腐・唐揚げ・チャーハンに入れたりと

様々な料理に使えます。


おうちで薬膳ブログ

BLOG

ページトップへ